糖尿病の合併症とは?

解明!糖尿病の症状と治療法

糖尿病の合併症とは?

スポンサードリンク

.

動脈硬化は初期から進行する合併症

血糖値が高い状態が続くと身体にさまざまな障害があらわれます。合併症は身体中、どこに起こってもおかしくないもの。特に糖尿病にかかわらず、加齢とともに進行する動脈硬化には注意が必要です。この合併症は高血糖の状態ではさらに拍車がかかります。動脈硬化が心臓の動脈で生じると、狭心症や心筋梗塞などの原因となります。また、脳に血液を送る動脈が詰まると脳梗塞、血圧が高いと脳出血といった合併症が起こりやすくなります。


ページのトップへ ▲

糖尿病の3大合併症

視力障害

糖尿病の合併症といわれるのは、神経障害、網膜症、腎症です。神経障害は3つの中で最も早い段階から起こる可能性のある合併症で、発生頻度も高い合併症です。手足の感覚が鈍くなる、筋力の低下や筋肉の萎縮、便秘や下痢、胃の不調、立ちくらみ、発汗異常などが起こります。網膜症は糖尿病の合併症による重度の視力障害の原因となっています。高血糖によって網膜の細小血管がもろくなったり、詰まったりすることが原因です。最悪の場合は失明の危険性もあります。腎症が進行すると腎不全を引き起こすこともあり、人工透析が必要になります。初期の段階では自覚症状がなく、そのまま放置しておくとさらに進行し、タンパク尿があらわれ、老廃物を排出できなくなり腎不全に。この段階では人工透析が必要になってきます。


ページのトップへ ▲

糖尿病の急性の合併症とは

インスリン療法

糖尿病の合併症は、長い期間をかけて発症する慢性の合併症と、急性の合併症があります。急性の合併症には糖尿病ケトアシドーシス(糖尿病性昏睡)と低血糖昏睡があります。糖尿病ケトアシドーシスは、中性脂肪が分解される際に発生するケトン体が血液中に増えることが原因で起こります。ケトン体が血液中に増え血液が酸性に傾くと酸素がスムーズに利用されなくなり、臓器の機能低下が起こります。だるさ、腹痛、吐き気、食欲不振などの症状とともに、脱水症状が起こり、さらに進行すると昏睡にいたることもあります。低血糖昏睡は主にインスリン療法による合併症です。血糖値が下がると空腹感や吐き気、あくびや頭痛、さらに進行すると動悸や冷や汗、昏睡にいたることもあります。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.