糖尿病検査の費用と保険の適用について

解明!糖尿病の症状と治療法

糖尿病検査の費用と保険の適用について

スポンサードリンク

.

糖尿病検査の費用は病状による?

費用

糖尿病検査の内容は基本的には尿検査と血液検査です。病状によっては他の検査を行う場合もあり、また、健康診断などに含まれることもあり、費用はそれぞれ異なります。糖尿病検査の費用は保険が適用となり、通常の保険診療で3割負担です。5,000円から10,000円以内です。また、人間ドックなどに糖尿病検査が含まれる場合もあり、その費用は病院や検査項目により異なります。人間ドックは保険が適用されないので、その分費用も高くなりますが、地域によって補助が受けられる制度があります。また、国民健康保険人間ドックなどが行われ、安い費用で検査を受けられる制度を設けている地域もあるので、問い合わせしてみましょう。


ページのトップへ ▲

自己検査は保険が適用される?

検査キット

自宅で糖尿病検査ができる検査キットがあります。自宅で簡単に糖尿病検査ができるキットでいくつか種類がありますが、費用は約10,000〜20,000円です。糖尿病検査だけでなく、生活習慣病の検査など検査内容などによって費用が異なるようです。厚生労働省承認の糖尿病自己チェックができるキットが生活習慣病と糖尿病検査ができ、HbA1cの検査もでき、費用は1セット6,000円です。また、自分で血糖値が測定できる血糖値測定器は保険が適用される場合があります。保険が適用されるのはインスリン療法を行っている患者さんです。医師の指示で指定された測定回数に必要な針やセンサーなどに対して保険が適用されます。また、血糖値測定器本体にも保険が適用されます。


ページのトップへ ▲

献血での糖尿病検査は費用がかからない?

日本赤十字社

献血をすると無料で糖尿病検査が受けられるようになりました。もともと日本赤十字社は献血時に血液検査をおこなっていて、検査項目にはコレステロールや肝機能障害の指標となるGPTなどの値をチェックし、本人に郵送していました。さらに2009年3月から無料血液検査の項目に糖尿病検査の項目であるグルコアルブミン検査を追加することになったのです。費用は日本赤十字社が負担するので無料です。献血者を増加させるとともに、自覚症状のない糖尿病の早期発見につなげることが目的です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.