糖尿病検査の方法!どんなことするの?

解明!糖尿病の症状と治療法

糖尿病検査の方法!どんなことするの?

スポンサードリンク

.

糖尿病検査は定期的に行う

血圧検査

糖尿病でこわいのは血糖値が高い状態が続くことによる合併症の進行です。ほとんどの合併症は自覚症状がないまま進行していくので、糖尿病検査は定期的に行い、糖尿病の3大合併症といわれる神経障害、網膜症、腎症の進行を検査します。検査の方法は、早い時期からあらわれるといわれている神経障害の検査方法は、腱反射検査や振動覚検査、感覚検査などの検査方法で神経障害について検査をします。網膜症の検査方法は眼底検査です。網膜には細い血管が集まっているので高血糖による障害を起こしやすいのです。腎症の検査方法は尿中のアルブミン検査。年に1〜2回検査します。さらに糖尿病検査としては、動脈硬化の検査や心臓や血圧検査を行います。


ページのトップへ ▲

基本的な糖尿病検査

血糖検査

糖尿病検査で欠かせないのが血糖検査です。検査方法は血液を採取し血液中に含まれるブドウ糖の量を測定します。尿糖検査は尿の中に含まれているブドウ糖の濃度を調べる検査。尿を採取し試験紙を浸すという方法で検査し、色の変化によって判断します。グリコヘモグロビン検査は、糖尿病の治療中に血糖コントロールが良好に行われているかの判断材料にもなります。さらにインスリンがどれくらい分泌されているかを性格に判断できるC−ペプチド検査も糖尿病検査において有効な検査です。また、昏睡などの急性合併症を防ぐためのケトン検査があります。


ページのトップへ ▲

自分できる糖尿病検査の方法

血糖測定器

糖尿病の改善は自己管理が大切です。糖尿病検査の中には自分できる検査方法があります。一つは尿糖の検査。検査方法は尿糖検査用の試験紙を薬局などで購入し、試験紙を尿の中に浸します。試験紙の色で判断します。また、血糖値を自分で検査する方法もあります。検査方法は指先などからごくわずかな血液を採取し、血糖測定器に吸引させるという方法です。糖尿病の自己検査は常に自分で把握できるという点ではメリットになりますが、正しく測定できないと意味がありません。検査結果が全て正しいとは限りませんので、結果は目安と考え、それだけに頼らないようにしましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.