高齢者糖尿病の原因と症状

解明!糖尿病の症状と治療法

高齢者糖尿病の原因と症状

スポンサードリンク

.

自覚を持ちにくいことが原因に

高齢者

高齢者糖尿病は増加しているといわれています。その原因は、寿命が延びたことで年齢を重ねるにしたがい、ブドウ糖を処理する能力が低下することが原因で高齢者糖尿病につながります。血糖コントロールが悪い状態が続くことが高齢者糖尿病の原因になります。また、高齢者になってから糖尿病になった人は自覚を持ちにくい、ということも原因になります。高齢者になると、味覚が低下し味付けが濃くなったり、のどの渇きを感じにくくなったりします。それが原因で糖尿病の症状に気づかず発見が遅れ、すでに合併症を引き起こしているケースも少なくありません。また、糖尿病に対する理解をしようとしないことも、高齢者糖尿病の原因となり、症状を悪化させ合併症を引き起こす原因となります。高齢者糖尿病であっても、食事療法や運動療法は大切です。


ページのトップへ ▲

症状が進行しやすい高齢者糖尿病

加齢とともに身体の機能は低下します。機能の低下が原因となり、通常でも初期には自覚症状のない糖尿病は、診断が遅れさらに進行し、糖尿病の症状が出始めた頃にはすでに糖尿病はかなり進行している状態になっていることが多いのが、高齢者糖尿病の特徴でもあります。若い人より重症の合併症を引き起こしている場合も少なくありません。例えば、高齢になると水分量を調節する渇中枢の作用が悪くなり、水分が不足してものどが渇いている、ということを感じにくくなるのです。その結果、脱水症状を起こし昏睡状態になることもあります。


ページのトップへ ▲

できる範囲で生活習慣の改善を

ソーシャルワーカー

高齢者糖尿病においても、食事療法や運動療法は必要です。しかし、高齢者の糖尿病に対する自己管理は簡単ではありません。食事においては長く親しんできた味を変えるのは難しいでしょう、また、男性一人で糖尿病食を調理することも簡単ではないでしょう。自己管理がうまくできないと高齢者糖尿病の症状や合併症の症状を悪化させてしまう原因になります。また、体力も低下しているのでむやみに運動をすると関節炎や骨折の危険性も高まります。高齢者糖尿病の症状を悪化させないためには、家族を含め医師や保健師、ソーシャルワーカーなどとも相談し自己管理のできる環境をつくることが大切です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.