妊娠糖尿病の原因と症状

解明!糖尿病の症状と治療法

妊娠糖尿病の原因と症状

スポンサードリンク

.

妊娠中はインスリンの作用が低下する

妊娠中

妊娠中に糖尿病が発症した場合を妊娠糖尿病といいます。何が原因で妊娠中に糖尿病になるのでしょうか?原因は妊娠中は血糖値を上げやすいホルモンが分泌され、インスリンの作用が低下し血糖値が上がりやすくなることが原因の一つです。通常は、膵臓からインスリンを多く分泌して血糖値が上がらないように身体が調節するのですが、何らかの原因により必要なインスリンを分泌できないと血糖値が上がり、糖尿病の症状が現れます。また、体重の増加も妊娠糖尿病の大きな原因の一つ。両親や兄弟などに糖尿病の人がいる、流産や早産歴がある、高齢出産なども妊娠糖尿病の原因になるといわれています。


ページのトップへ ▲

妊娠糖尿病も初期では無症状

胎児

妊娠糖尿病も初期の段階では無症状です。症状が進むとのどの渇き、疲労感、頻尿、風邪が治りにくい、眠気、歩行困難などの症状が現れてきます。さらに、網膜症や腎症、低血糖の症状、流産や早産、羊水過多巨大児による難産などの合併症が現れやすくなり、妊娠高血圧症候群などの症状も現れます。妊娠糖尿病は母体だけでなく、胎児にも影響を及ぼします。胎児には巨大児、胎児死亡、先天奇形、新生児低血糖症などの合併症の危険性もあります。妊娠糖尿病は症状が軽ければ、出産とともに正常に戻ることが多いのですが、妊娠中の胎児は合併症の危険性があるので、妊娠中は血糖コントロールがとても重要になります。


ページのトップへ ▲

妊娠糖尿病の症状を悪化させないために

ウォーキング

妊娠糖尿病の自覚症状が現れる頃には、妊娠糖尿病はかなり進行している状態でもあります。症状が悪化する原因を少しでも軽くし、血糖コントロールを厳格にすることが大切です。血糖値が上がる原因となる食事や糖分の摂り方には十分な配慮をし、体重が増えすぎないようにしましょう。体重の増加を防ぐためには、ウォーキングなどの運動を取り入れて身体を動かすことも忘れずに。また、すでに糖尿病を発症している場合は、あらかじめインスリン療法を行うなどして血糖値を改善してから妊娠することが、安心で安全な出産を望めるでしょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.