ステロイド糖尿病の原因と治療法

解明!糖尿病の症状と治療法

ステロイド糖尿病の原因と治療法

スポンサードリンク

.

長期のステロイドの使用が原因

ステロイド

ステロイド糖尿病は長期にわたってストロイドを使用したことが原因で引き起こされます。ステロイドにはホルモン作用や抗炎症作用、免疫抑制作用などがありさまざまな治療法に活用されていま。主に膠原病などの治療法として利用されていることはよく知られていますね。ただし、作用が強いためホルモンバランスを崩すことが原因となりさまざまな副作用もあるとされているステロイド。ステロイドを長期にわたって服用すると糖尿病を引き起こす原因は何かというと、ステロイドのホルモン作用により血糖値が上がり、糖尿病の症状を引き起こすことが原因。末梢神経のインスリン抵抗性の亢進や食欲の増進作用もステロイド糖尿病の原因となるといわれています。


ページのトップへ ▲

ステロイド糖尿病の治療法は特殊?

ステロイド剤

ステロイド糖尿病の症状や治療法は特殊というわけではなく、症状も治療法も基本的には通常の糖尿病と変わりません。ステロイド糖尿病の治療法の基本も食事療法と運動療法で、改善しなければ薬物による治療法がとられます。ステロイド糖尿病も治療が遅れると合併症などの症状を引き起こす原因となります。ステロイド糖尿病は内服しているステロイド剤の量も原因とされ、治療法としてはステロイド剤を減らすと良好に向かいます。しかし、高血糖が長い間続いていると、膵臓が疲弊しインスリンに対する機能が低下し、ステロイド剤を減らしても糖尿病は続くことがあります。


ページのトップへ ▲

ステロイド糖尿病の特徴

ステロイド糖尿病に関しても、早期発見・早期からの治療はとても重要です。膠原病におけるステロイド糖尿病の発見の手がかりとして、午後の高血糖があることが分かっています。これにより、ステロイドの分割化という治療法がとられ、血糖値の低下が認められたという報告があります。ステロイド糖尿病を早期に発見するためには午後の血糖測定が利用でき、血糖コントロールの目安ともなり、治療法にも役立つといわれています。また、ステロイド糖尿病の特徴として網膜症などの合併症が起こりにくいということもあげられます。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.