糖尿病の食事療法

解明!糖尿病の症状と治療法

糖尿病の食事療法

スポンサードリンク

.

糖尿病の食事療法はつらい?

メニュー

糖尿病になると好きなものが食べられなくなる、食事制限をしなければならない、などとつらい思いばかりすると思い込んでいる人も少なくないでしょう。確かに糖尿病の人にとって食事療法はとても重要で、食事療法をないがしろにしていると糖尿病は悪化するばかりです。しかし、糖尿病はインスリンの分泌が関係する食事の量は考える必要はあっても食べたいものが食べられなくなる、ということは一概にはいえません。食事療法の指導をしてくれる人も、糖尿病患者さんのストレスにならないメニューや食事内容を考えてくれます。食事療法に大事なのは自分の意志です。むやみに食べたいものを我慢するのではなく、どれをどのくらい食べていいものか、などについて自分でも理解することが大切。理解することで、食事療法はつらいものではなくなるはずです。


ページのトップへ ▲

食事療法の糖尿病に対する効果

体重の減少

食事療法を行うと体重の減少とともに血糖値が下がっていきます。食事の量が減ると血液中に吸収されるブドウ糖が減るので必要とされるインスリンの量が少なくてすみます。そうすると膵臓は休息できるようになり、機能の回復につながります。また、インスリンの分泌量が増えることで肝臓からのブドウ糖の放出量が減ります。さらに、肥満の解消によりインスリン抵抗性が改善されるのです。このようにいろいろな要因が生まれ、血糖値が下がると膵臓の機能がさらに回復しインスリンの分泌も増えていくのです。糖尿病の人にとって食事療法はとても重要なものだということが分かりますね。


ページのトップへ ▲

食生活を見直す

アルコール

糖尿病は食習慣の中にその原因があることが多いといわれています。脂っこいものが好きな人は肥満や脂質異常になりやすくインスリン抵抗性が高まります。満腹になるまで食べるとエネルギーの摂取過剰で膵臓が疲弊しやすくなります。食事の時間が不規則だと内臓脂肪が増えやすくインスリン抵抗性が高まります。食事をまとめてとると膵臓に負担がかかります。甘いものやアルコールを摂り過ぎると、カロリーのとりすぎで血糖値が高くなります。いかがでしょう?糖尿病の食事療法はまず自分の食生活を見直すことから始めましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.