小児糖尿病の原因と症状

解明!糖尿病の症状と治療法

小児糖尿病の原因と症状

スポンサードリンク

.

小児糖尿病の原因は食事

小児糖尿病

以前は小児糖尿病といわれるものは1型糖尿病がほとんどといわれていました。しかし、最近では2型糖尿病の小児が増えていることが問題視されています。原因は何でしょうか?糖尿病の小児は肥満している場合が多く、原因は食生活にあるとされています。小児糖尿病の原因は遺伝という場合もありますが、遺伝意外の原因には大人の糖尿病と同様、インスリンの分泌不全とインスリン抵抗性が原因と考えられます。もともと日本人は痩せ型でインスリンの分泌能力はそれほど多くありません。その状態で高エネルギー・高脂肪の食事の影響が原因とされています。特に思春期にさしかかると成長のために大量のエネルギーが必要になり、インスリンの必要量も増えます。そのため膵臓の疲弊が進みます。それが小児糖尿病の原因の一つと考えられています。


ページのトップへ ▲

小児糖尿病の症状の現れ方

ジュース

1型糖尿病の症状の現れ方は突発的に発症することが多く、かぜに似た症状から始まり、急激にやせてきたり、水をたくさん飲むようになり、トイレが近くなるなどの症状が出ます。2型糖尿病は、大人の糖尿病と同じく、症状がありません。また、小児糖尿病の症状の一つにペットボトル症候群といわれるものがあります。糖分が多く含まれているジュースやコーラなどの清涼飲料水をがぶ飲みすると、血糖値が上がり、のどが渇くとまた清涼飲料水を飲み、また血糖値が上がり、を繰り返すことで糖尿病ケトアシドーシスを引き起こすことがあります。血糖値の上昇にインスリンの分泌が間に合わないことが原因で血液は酸性になり、だるさや吐き気などの症状のほかに、眠気や意識障害などの症状を引き起こすのです。こういった症状は小児糖尿病に限らず、肥満気味の若い男性に多いそうです。


ページのトップへ ▲

症状を悪化させないために

小児糖尿病は糖尿病の原因を考え、それを取り除いたり、親の管理が大切になります。症状を悪化させないためにも、親が気を配る必要があります。学校の先生に理解を求め、できるだけ子どもが居心地悪くならない環境をつくってもらうようにしましょう。小児糖尿病とはいえ、食事や甘いものの制限、インスリン注射などもしなければならない場合もあります。小児糖尿病についてできるだけ理解できるように話をし、症状を悪化させないようにしましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.