糖尿病にはどんな種類があるの?

解明!糖尿病の症状と治療法

糖尿病にはどんな種類があるの?

スポンサードリンク

.

小児や若者に多い1型糖尿病

のどの渇き

糖尿病にはいくつかの種類があります。膵臓のインスリンを作り出すβ細胞と呼ばれる細胞が破壊され、インスリンの分泌量がほぼゼロになってしまう種類の糖尿病を1型糖尿病といいます。この種類の糖尿病は体外から補わないと生命の維持ができません。免疫機構が自分の身体を攻撃してしまうことが原因と考えられています。ウイルス感染などにより発症することが多く、比較的急激に発症することが多いとされている種類の糖尿病です。のどの渇きや急激な体重減少、尿量の増加などの症状があらわれ、放っておくと糖尿病性昏睡に陥ることもあります。小児や若い年代の人に多く、成人になってから徐々にβ細胞が破壊されてくることもある種類の糖尿病です。


ページのトップへ ▲

90%の人が2型糖尿病

遺伝的

生活習慣の積み重ねや遺伝的なものが原因で発症する種類の糖尿病を2型糖尿病といいます。通常、徐々に血糖が上がり、無症状の時期は長いのが特徴です。日本では90%の人がこの種類の糖尿病です。肥満やアルコール、精神的ストレス、加齢などの誘因が重なり発症するといわれています。圧倒的に中高年以上の患者さんですが、禁煙では小児にもみられます。この種類の糖尿病は、インスリンの分泌に問題があり、インスリンの分泌が低下しているもののゼロではなく、細胞のインスリン感受性が低下した状態であるインスリン抵抗性によって機能が低下しているケースです。生活習慣病と呼ばれるのはこの種類の糖尿病です。


ページのトップへ ▲

妊娠糖尿病という種類の糖尿病

妊娠中

妊娠中は胎盤からインスリンの働きを弱めるホルモンが分泌されます。そのため、ブドウ糖の代謝に異常が生じて糖尿病を発症することがあります。この種類の糖尿病を妊娠糖尿病といいます。この種類の糖尿病は、出産後には正常に戻ります。他の種類の糖尿病には、慢性膵炎、バセドウ病、膵臓ガンなどの病気が原因で発症する種類の糖尿病があります。この種類の糖尿病は二次的に生じるものなので、二次性糖尿病ともいわれます。また、感染症や薬物、化学物質などによって発症する糖尿病もあります。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.