糖尿病の運動療法

解明!糖尿病の症状と治療法

糖尿病の運動療法

スポンサードリンク

.

糖尿病の運動療法の必要性

運動療法

運動療法は食事療法と並んで糖尿病の治療法の基本です。身体を動かさない生活、運動習慣のない生活は糖尿病を増加させている原因の一つ。特に内臓脂肪型肥満は要注意。内臓脂肪が多いとインスリンの働きが悪くなり、血糖コントロールがうまくできなくなるのです。運動療法を行うことで、糖尿病の予防や進行を緩和することができるとともに、肥満の解消、筋肉量の増加、善玉コレステロールの増加、血液循環がよくなる、ストレス解消につながるなど、さまざまな効果があるといわれています。


ページのトップへ ▲

糖尿病に対する運動療法の効果

ブドウ糖

運動療法を続けることで内臓脂肪が減ってきます。内臓脂肪は、余分なブドウ糖を中性脂肪に変えて蓄積するという役割も担いますが、内臓脂肪は多くなりすぎると、身体はこれ以上ブドウ糖をストックしないようにするため、インスリンの機能を低下させます。運動療法により内臓脂肪が減ると、インスリン抵抗性の改善につながるのです。また、運動療法を続けると筋肉がついてきます。筋肉が増えると、基礎代謝が高まり、血液中や肝臓、脂肪細胞にストックされていたブドウ糖がたくさん使われるようになり、血糖値が下がるのです。筋肉細胞の表面にインスリン受容体の数が増え、ブドウ糖が取り込まれやすくなり、インスリンの抵抗性の改善につながります。運動療法は糖尿病の改善にとても重要なことなのです。


ページのトップへ ▲

運動療法はどのようなものがおすすめ?

ダンベル

糖尿病の運動療法としておすすめなのはどのような運動でしょうか?糖尿病の運動療法としては酸素をたくさん取り入れながら行う有酸素運動がおすすめです。酸素を取り入れながら運動をすると、体内のブドウ糖や中性脂肪が効率よく利用されるようになり、血糖コントロールがうまくいくようになるのです。ウォーキングや軽いジョギング、水泳、サイクリングなどの有酸素運動の中で自分でできるものを見つけて続けていきましょう。さらに、ダンベルを使った筋力トレーニングやストレッチ、柔軟性を高めるトレーニングを行うことで筋力をつけることも大切です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.