糖尿病の薬物療法

解明!糖尿病の症状と治療法

糖尿病の薬物療法

スポンサードリンク

.

薬物療法にはどのような種類があるの?

薬

糖尿病の治療は食事療法や運動療法が基本ですが、それでも血糖コントロールがうまくいかない場合は薬による治療が行われます。糖尿病の薬物治療は飲み薬が一般的で糖尿病の状態やタイプなどにより薬剤の選択が行われます。どのような種類があるかというと、インスリンの分泌を促進し血糖値を下げるスルホニル尿素薬、速効性インスリン分泌促進薬、インスリンの機能を改善し血糖値を下げるインスリン抵抗性改善薬、ビグアナイド薬、ブドウ糖の吸収を遅らせて血糖値を下げるα―グルコシダーゼ阻害薬などがあります。糖尿病の薬物療法はこのような種類の薬物を病状などに合わせて、単独で用いたり、併用して用いたりします。


ページのトップへ ▲

薬物療法の効果をあげるために

コップ一杯程度

糖尿病の薬と他の薬を併用して飲むと、糖尿病の薬の効果が弱まったり、強くですぎたりすることがあります。服用する際には、普段飲んでいる薬については医師に相談しましょう。薬物療法において大切なことは、自分で判断しないことです。例えば血糖値が下がってきからといって勝手に量を減らしたり服用をやめたりしないこと、また糖尿病の薬は決められた時間に飲まないと効果が出ないものがあります。決められた時間にきちんと飲むようにしましょう。さらに、コップ一杯程度の多めの水で飲むようにしましょう。薬物療法を始めても、食事療法と運動療法は続けることが大切です。薬物療法だけでは、糖尿病は改善しないということを忘れないようにしましょう。


ページのトップへ ▲

糖尿病のインスリン療法とは?

インスリン療法

糖尿病の薬物療法としては飲み薬で血糖値をコントロールするという方法が一般的ですが、最近ではインスリンを注射して補うという薬物療法を取り入れる場合もあります。インスリン療法は確実に血糖値をコントロールできる方法として、重症ではない場合でも積極的に取り入れられています。現在では誰もが簡単に扱えるようにもなっています。また、インスリン療法は、感染症にかかった場合や妊娠・出産のとき、手術を受ける場合、糖尿病昏睡を起こした場合などに行われる薬物療法でもあります。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| 糖尿病-ホーム | 糖尿病 | 種類 | 原因と症状 | 合併症 | 治療法 | 運動療法 | 食事療法 | 薬物療法 | 日常生活で対策 | 糖尿病を防ぐ食事 | 健康食品・サプリメント | 検査の方法 | 検査の費用と保険適用 | 何科を受診するの? | 治療に有名な病院 | 小児 | 妊娠 | 高齢者 | ステロイド | 犬・猫 |

Copyright (C) 解明!糖尿病の症状と治療法 All Rights Reserved.